介護保険のバリアフリー住宅改修工事、介護・福祉リフォーム、新築・増改築は岐阜県大垣市の建築事務所『住工房OZAKI』へ

父ちゃんは手摺り職人 | お知らせBLOG

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
父ちゃんは手摺り職人

久々のブログです。

 

本日は午前中に病院を2件回りました。

娘の小児科と、義父のお見舞いと入院費の支払い。

 

ぐったりですが、バテてる場合でもないので、エンジン掛けなおして午後からも頑張ります。

 

義父の入院は2ヶ月を超えました。

義父の不在の寂しさは子ども達の方が大きく、「いつ退院するの?」と最近頻繁に聞いてきます。

まだ、誰にもわからない・・・

 

さて

前回のブログが台風の直後でした。

いまだに、影響は残ってます。修繕がまだの方もいらっしゃいます。

材料がない、職人が居ない。。

 

職人さんの工賃、施工費って見積もり見ると「高いっ!」って思いますよね。

時給いくらだよ。。って思う方も居るでしょう。

でもね、職人さんって個人事業主の人が多く、企業や組織に守られていないんですよね。

国民年金だし、退職金もない。

経費も税金も全部背負って、仕事が切れるかもっていうリスクも背負って、怪我で働けなく

なったらとかって言う不安も全部背負った上で、腕を磨き暑い日も寒い日もコツコツ仕事を

しています。愛想がないとか、口が悪いとか、態度がでかいとか、色々言われますしね。

大変な事ばっかり!!

 

ご自身の給料削られたらどうですか?高い高いって言われたら・・?

 

実際の、デフレで、職人の手間賃は下がりました。

結果、後継者が居なくなりました。食べていけない。家族が養えないからです。

すると、職人の数が減り、施工待ちが長くなる。

そんな悪循環がこの社会です。

 

それでも、主人は毎日毎日、手摺りをつけます。

暑い日も寒い日も。

感謝されるし、待っててくれる人が居るから、だそうです。

頑張ってよかった!という実感が直に伝わってくる。

それは、本当にありがたいし励みになります。

その為に二人で頑張っています。

 

もう少し報われないかな〜

と、欲深い私は思ってしまうのですが・・・ダメですね。。

 

長くなりした!

仕事に戻ります。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住工房 OZAKI | 13:51 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
|スポンサードリンク | 13:51 | - | - | pookmark |

Comment








calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

search

entry

comment

archives

category

profile

links

feed

mobile site

qrcode

others

Page top
モバイル表示